エンジニアと言う職種

「エンジニア」とは何とも言えないかっこよさを持った響きである。「ご職業は?」と聞かれて「エンジニアです。」と一度で良いから答えてみたい。エンジニアがどんな仕事なのか全く持って知らないのだが。
エンジニアとは工学分野の専門的な知識を持った人の事を指す。製造業や製品開発に置いてモノを生み出すためになくてはならない存在とも言える。つまり発明家と言う事だろうか?小学生の頃発明家クラブと言うものが存在したが、あのクラブに所属していた生徒達もエンジニアの卵だったのだろうか。実際にエンジニアになった人もいるかもしれない。

エンジニアと聞くと、一般的に機械関連の開発を専門にする人の事を指すイメージがあるが、技術者は多くの分類に分けられる。製菓技術者、縫製技術者、食品技術者、農林技術者、レントゲン技術者等等、様々である。消防士から宇宙飛行士までと幅広い。一つの分野に置いてしっかりとした専門知識を身につけている人の事をエンジニアと言うのだろう。

中でもITエンジニアは難しいと言うよりも奥が深い気がする。ネットワーク全般の開発技術を専門にしていると言う独自のイメージがあって、モノを開発している訳ではない。だから素人の目線から見るとまこと不思議な職業なのである。ITエンジニアになるためのはプログラミング言語を習得しなければならない。それよりも英語を身につける事が大事と言う考えの人も居れば、基本的なコミュニケーション能力が必須と言う人もいる。
ITエンジニアは自分だけの土俵を作って勝負しなければならない世界だと感じた。

もし必要なものを知りたかったら、現に必要としている人=企業や、プロに聞いてみるのが一番いいでしょう。
前者の場合は、求人やエンジニアを募集している案件内容の特徴を見てみるのがいいかなと思います。
後者の場合は、フリーエンジニアに聞いてみるのがいいでしょう。フリーランスということはプロということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>